ECマーケティングについて【実施する目的や主な手法についてまとめました】

ECマーケティングについて【実施する目的や主な手法についてまとめました】
PR(ステマ規制に対する対応)

RAM(ラム)では、ページ内に掲載している一部の情報にアフィリエイトリンクを使用している場合がございます。この収益は、当社のサービス向上などに活用されています。

ECマーケティングとは、ECサイトにおけるマーケティングのことです。

主に、SEO対策や広告運用などで集客を実施し、ECサイトのデザインや構成を変更することで、売り上げアップにつなげる施策になっています。

ECマーケティングの目的

ECマーケティングの目的

ECマーケティングは、主に次の目的を持って実施されます。

  • コストを下げる
  • 流入経路を獲得する
  • アクセスを売り上げにつなげる
  • オンラインでの売り上げをアップさせる

コストを下げる

ECマーケティングは、広告費を下げたりオフライン販売から切り替える場合に実施されます。

広告の運用方法やサイトのデザイン、導線を最適化したり、オフラインでの販売からオンラインでの販売に切り替えることで、固定費や人件費などを下げられる場合があります。

流入経路を獲得する

流入経路を獲得する場合にも、ECマーケティングは利用できます。

流入経路を増やしていくことで認知拡大や売り上げアップにつなげられる場合があります。

アクセスを売り上げにつなげる

すでに流入経路は獲得できている場合、商品の販売を開始することで売り上げにつなげる場合があります。

店舗や商品名での知名度がもともとある場合には、ネットショップを開設するだけでも売り上げにつなげやすいです。

オンラインでの売り上げをアップさせる

ホームページにアクセスはあっても、なかなか売り上げにつながっていないケースもあります。

そういった場合には、CTAやバナーなどといった導線設計を変更するだけでも、売り上げを数倍伸ばせる場合が多いです。

\ WebマーケティングならRAM Inc.! /

ECマーケティングのメリット

ECマーケティングのメリット

ECマーケティングについては、次のようなメリットがあります。

  • 効果測定がしやすい
  • いろいろな施策を実施できる
  • 世界を相手にすることができる

効果測定がしやすい

ECマーケティングは、オフライン集客に比べて効果測定がしやすいというメリットがあります。

オフライン店舗の場合には、「お客さんの数が増えたけど、ホームページの影響なのかわかりにくい」などといったように、効果測定が難しくなってしまうケースがあります。

ですが、オンラインの場合にはアクセス経路を分析しやすかったり、購入率なども数値化することができるので、かなり効果測定がしやすいです。

いろいろな施策を実施できる

いろいろな施策を実施できるといった点も魅力の1つです。

具体的な施策については、下記で紹介していきます。

世界を相手にすることができる

オフラインの店舗の場合にはその地域がメインターゲットとなってしまいますが、オンラインの場合には世界を相手にすることができます。

自身を持ってアピールできる商品やサービスの場合には、広告やSEO対策などを実施することで購入までをスムーズにつなげることができます。

\ WebマーケティングならRAM Inc.! /

ECマーケティングのデメリット

ECマーケティングのデメリット

逆にECマーケティングについては、次のようなメリットがあります。

  • ECサイトの構築・維持費用が高額になってしまう
  • 場合によってはサイトの作り直しが必要になる

ECサイトの構築・維持費用が高額になってしまう

実施するECマーケティングの内容によっては、ECサイトの構築費用や管理費用が高額になってしまう場合があります。

通常のホームページを制作する場合よりもセキュリティーなどの面で設定を加える必要がある為です。

基本的には、下記のような料金がかかってきます。

  • ECサイトの構築・運用費用
  • 決済手数料
  • サービス利用料・事務手数料
  • 配送料
  • 振り込み手数料

場合によってはサイトの作り直しが必要になる

ECサイトを制作する場合には、ShopifyやBASE、EC-CUBEなどといった多くのサービスがあります。

それぞれのサービスの強みや弱みなどもあるので、目的に合わせてカート選びを実施する必要があります。

ですが、そのカート選びを間違えてサイト制作がされていた場合や、ターゲットや販売する商品を変更する場合には、集客面での改善だけでなくサイトの作り直しが必要になってしまう場合があります。

\ WebマーケティングならRAM Inc.! /

ECマーケティングの主な手法

ECマーケティングの主な手法

ECマーケティングでは、主に下記のような手法があります。

  • ECサイトの制作・リニューアル
  • SEO対策や広告運用など集客の実施
  • 導線や購入画面の見直し

ECサイトの制作・リニューアル

まだECサイトがない場合や、使い勝手が悪いと言った場合などには、新規でECサイトの制作を行ったり、リニューアルを実施するバアがあります。

カートによってもデザインや機能、手数料などでかなり差があるので、販売する商品やサービス、目的にに合わせて選ぶ必要があります。

SEO対策や広告運用など集客の実施

ECサイトに対して集客数が足りていない場合には、SEO対策やインターネット広告などを活用してアクセスを獲得します。

SEO対策やインターネット広告に関する詳細については、こちらの記事で解説されています。

導線や購入画面の見直し

上記で解説したSEO対策やインターネット広告などを活用して集客が実施できている場合には、導線や購入画面の見直しを実施する場合があります。

具体的には、バナーのデザインを変更やCTAの設置、入力項目を減らすなどといった施策があります。

\ WebマーケティングならRAM Inc.! /

ECマーケティングの注意点

ECマーケティングの注意点

ECマーケティングでは注意点もあり、特に意識すべき点がこの2つです。

  • 効果測定を実施する
  • ターゲットを適切に設定する

効果測定を実施する

効果測定を実施しなければ、売り上げが伸びた要因や落ちた原因、集客ができてる要因などを判断することができません。

実施する施策やその結果などを記録するなどし、今後改善を実施していく際の判断材料を蓄積していきましょう。

ターゲットを適切に設定する

ターゲット設定が甘い場合にも、売り上げを伸ばせない場合があります。

ペルソナをしっかりと定め、広告の出稿先や対象設定も実施し、無駄のないよう予算を活用していきましょう。

\ WebマーケティングならRAM Inc.! /

ECマーケティングについて、よくある質問

ECマーケティングについて、よくある質問

ECマーケティングにおいて、よく出てくる質問をまとめました。

ECマーケティングを運用する目的は何ですか?

主に次のような目的で実施されています。
・コストを下げる
・流入経路を獲得する
・アクセスを売り上げにつなげる
・オンラインでの売り上げをアップさせる

ECマーケティングは集客に活用できますか?

多くの施策も実施できる為、かなり活用できる場合があります。
また、売り上げなどの効果測定も実施しやすいです。

ECマーケティングを運用する際の費用はどのぐらいですか?

規模や目的、依頼する相手、契約期間などによっても変わってきます。
相場感としては、数万円〜数十万円、規模によっては数百万円といったイメージです。

サイト制作・マーケティングならRAM Inc.!
無料見積り
サイト制作・マーケティングならRAM Inc.!
無料見積り