ChatGPTを使ってみた【例文もセットで解説します】

ChatGPTを使ってみた【例文もセットで解説します】
PR(ステマ規制に対する対応)

RAM(ラム)では、ページ内に掲載している一部の情報にアフィリエイトリンクを使用している場合がございます。この収益は、当社のサービス向上などに活用されています。

こんにちは、ねむ。です。
今更ながら、ChatGPTという文章作成ツールを使ってみたので、すこしまとめてみます。

実際に試した例文もセットで書いているので、まだ使ったことのない方はぜひ読んでみてください。
ではいきましょう!

ChatGPTを使ってみた

ChatGPTを使ってみた

ChatGPTを使ってみました!

試してみたい方はこちらから使ってみてください。

Googleアカウントと紐付けてアカウント登録をしたので、ユーザーネームを入力するだけで使い始めることができました。

感想としては、「思っていた以上にすごい」でした・・・。

入力されるまでに待ち時間がかかることはありますが、クオリティもある程度はあり、割と自然な文章のように感じます。

ChatGPTを使って書いてみた文章

ChatGPTを使って書いてみた文章

3つの例文で文章を作ってみました。

  • ブログを書く上で重要なことは何でしょうか?
  • SEO対策を通して今後も収益をあげることは可能でしょうか?
  • ChatGPTはどのような場面で活用することができますか?

下の方で、作成された文章をそれぞれまとめていきます。

ブログを書く上で重要なことは何でしょうか?

ブログを書く上で重要なことはいくつかありますが、以下が代表的なものです:

  1. ターゲット読者:ブログを書く前に、読者層を明確にすることが大切です。このことはコンテンツを作成する際の方針を決定する上で役立ちます。
  2. アップテンポなコンテンツ:ブログは最新情報を伝えるものであるため、常にアップテンポなコンテンツを提供することが大切です。
  3. キャッチーなタイトル:ブログを読んでもらうためには、タイトルが読者を引き付けるように工夫することが大切です。
  4. スマートなSEO:検索エンジンにブログを表示させるためには、適切なSEO戦略が必要です。これには、キーワードの選定やメタタグの設定などが含まれます。
  5. コンテンツの一貫性:ブログを書く上で、コンテンツの一貫性を保つことが大切です。これには、ブログのテーマやスタイルなどを維持することが含まれます。

これらはブログを書く上での重要なポイントであり、多くのブログが成功するためにはこれらを適切に実行することが不可欠です。

ChatGPT

箇条書きでまとめられていますね。

読んだみた印象ですが、文章にそこまで違和感を感じることはなかったです。

SEO対策を通して今後も収益をあげることは可能でしょうか?

はい、SEO対策を行うことで、今後も収益をあげることは可能です。SEOは、検索エンジンによる検索結果において、自社サイトを上位に表示させることを目的としています。これにより、多くのユーザーがサイトにアクセスし、製品やサービスを購入する可能性が高まります。しかしながら、SEOは常に進化しており、常に最新の戦略を採用しなければならないこともあります。そのため、定期的なSEO対策を行いながら、常に収益を向上させることが大切です。

ChatGPT

「はい」という結論から入っていて、次にその根拠や具体例をまとめるという「現代のブログの基本的な構成」になっています。

こちらに関しても、あまり日本語に違和感を感じません。

ChatGPTはどのような場面で活用することができますか?

ChatGPTは、様々な場面で活用することができます。以下はいくつかの例です:

  1. カスタマーサポート: ChatGPTは、FAQの自動応答や、顧客からの質問に対する回答を提供することができます。
  2. コンテンツ生成: ChatGPTは、文章、記事、プレゼンテーションなどを自動生成することができます。
  3. 対話システム: ChatGPTは、人工知能による対話システムを構築するためのAPIとして使用することができます。
  4. 教育: ChatGPTは、学生に対して個別の指導を行うことができます。
  5. 音声アシスタント: ChatGPTは、音声アシスタントの技術に基づいて、音声コマンドを解釈してアクションを実行することができます。

これらはあくまで一例であり、ChatGPTはさまざまな使い方ができます。

ChatGPT

主な用途は「コンテンツ生成」であり、私も実際に文章コンテンツを生成する為に利用してみました。

一部の人は「音声コンテンツにもいずれ利用される」と予測しており、さらなる発展が見込まれています。

教育に関しても「学生に対して個別の指導を行うことができます」と書かれていますが、いまいちピンとこないです。

現状でも、テーマによってはかなりの精度が高い

現状でも、テーマによってはかなりの精度が高い

上記の例を見てわかる通り、かなり精度が高いと感じられます。

しかし、内容によってはまだまだトンチンカンな答えが帰ってくることもあるそうです。

まだ最新情報には対応できていない

「ChatGPTはいつまでの最新情報を持っていますか?」と質問してみたところ、こちらの回答でした。

私のトレーニングデータは2021年までのものです。私が学習したことを知ることができる情報はそれ以降のことは知りません。

ChatGPT

その為、タイムリーなニュースに関するライティングにおいては、まだしばらく活用することができないかもしてません。

今後のアップデートもかなりのハイスピードで進みそうです

最後に個人的な意見になりますが、日本語でもここまで違和感なく文章を生成できていることに驚きました。

日本語は、習得に最も時間のかかる言語とされています。

そんな言語にも柔軟に対応できているので、現在の課題の1つである「最新の情報にも答えられるようになる」という項目も短期間で達成できるのではないか、と予測しています。

「ライターの仕事が奪われる」や「キーワード検索の文化がなくなる」等、多くの不安や期待を感じられますよね。

何はともあれ、今後のアップデートを楽しみにしていきましょう!

ホームページ制作ならRAM Inc.!
サイト制作・マーケティングならRAM Inc.!
無料見積り
サイト制作・マーケティングならRAM Inc.!
無料見積り