ブログで使える文章生成AIを紹介!【無料でも使えます】

ブログで使える文章生成AIを紹介!【無料でも使えます】
PR(ステマ規制に対する対応)

RAM(ラム)では、ページ内に掲載している一部の情報にアフィリエイトリンクを使用している場合がございます。この収益は、当社のサービス向上などに活用されています。

この記事では、ブログで使える文章生成AIについて解説しています。

ChatGPT以外にもブログ記事の制作に活用できるAIがたくさんあるので、それぞれの特徴について紹介しています。

これからAIを活用していきたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ブログで使えるおすすめの文章生成AI

ブログで使えるおすすめの文章生成AI

今回の記事で紹介する文章生成AIは、こちらの7つです。

  • ChatGPT
  • Transcope(トランスコープ)
  • オーダーメイドAI
  • ラクリン
  • Catchy(キャッチー)
  • EmmaTools(エマツールズ)
  • Bing

それぞれの特徴について詳しくまとめていきます。

ChatGPT

ChatGPT

文章生成AIといえばChatGPTというイメージもあるかと思います。
無料でも利用することができ、操作もかなりわかりやすい仕様になっています。

まだ使ったことがないという方は、ぜひ一度利用してみてください。

サービス名ChatGPT
無料プランあり
料金プランUSD $20/month
URLhttps://chat.openai.com/auth/login

Transcope(トランスコープ)

Transcope(トランスコープ)

Transcopeは、競合調査を始め、記事制作にも活用できる文章生成AIです。

ベースはGPT-4を使用していることが特徴です。

プランによっては内部リンクの提案も含まれているので、SEO対策にも活用しやすいです。

サービス名Transcope(トランスコープ)
無料プランあり
料金プランBasic:¥11,000/月
Basic:¥38,500/月
Enterprise:¥66,000/月
URLhttps://transcope.io

オーダーメイドAI

オーダーメイドAI

オーダーメイドAIは、多くのジャンルの文章を制作できることが特徴です。
クリニックや料理、占いなど、幅広いジャンルに対応しています。

他の文章生成AIに比べて予め入力項目が複数個用意されているので、かなり楽に文章を制作できると思います。

サービス名オーダーメイドAI
無料プランあり
料金プラン¥2,980/月
URLhttps://ordermaid.ai

ラクリン

ラクリン

ラクリンは、ガジェットブログのマクリンで有名なマクリンさんも運営に関わっているサービスです。

無料プランでも毎月1記事を目安に作成することができます。

FAQ構造化データまでも対応しているので、テクニカルなSEO施策を手軽に実施したい場合にもおすすめです。

サービス名ラクリン
無料プランあり
料金プランフリー:¥0/月
シルバー:¥4,980/月
プラチナ:¥29,980/月
URLhttps://rakurin.net

Catchy(キャッチー)

Catchy(キャッチー)

Catchyは、他の文章生成AIに比べて高速で制作できることが特徴です。

こちらも100種類と多くのジャンルに対応しているので、使用前に自分のイメージと合っているかを確認しておくといいかもしれません。

サービス名Catchy(キャッチー)
無料プランあり
料金プランStarter:¥3,000〜/月
Pro:¥9,800/月
Enterprise:要お問い合わせ
URLhttps://lp.ai-copywriter.jp

EmmaTools(エマツールズ)

EmmaTools(エマツールズ)

EmmaToolsは、記事の制作だけでなく、キーワードの分析から順位測定、リライトにも対応しているサービスです。

SEOに関するブログも用意されているので、初心者の方でも利用しやすいサービスになっています。

料金は少し高めのプランもありますが、無料トライアルも用意されているので、事前に試してみてみることもできます。

サービス名EmmaTools(エマツールズ)
無料プランあり(14日間無料トライアル)
料金プランfor Personal:¥2,480〜/月
for Personal+:¥6,980〜/月
for Team(旧:Entry):¥30,000〜/月
for Team+(旧:Standard):¥65,000〜/月
URLhttps://emma.tools

Bing

Bing

Bingは、ChatGPTの対抗策としての現れたイメージの強いAIです。
こちらは、キーワードを入れて調査したり、簡単な構成を書いてもらう際に活用できます。

完全に無料で利用できるので、まずはこちらを利用してみるのもいいかもしれません。

サービス名Bing
無料プランあり
料金プラン無料のみ
URLhttps://www.bing.com/search?q=Bing+AI&showconv=1&FORM=hpcodx

そのまま記事として公開するのはNG

そのまま記事として公開するのはNG

文章生成AIを使って文章ができたとしても、そのまま記事として公開するのはおすすめできません。

誤情報が混ざっていたり、表現がおかしい部分がでてきやすい為です。
その結果として、アクセス数を獲得できなかったり、信頼できないメディアになってしまう可能性があります。

なので、しっかりと人の目でチェックを行い、手直しをしてから公開するようにしましょう。

文章生成AIの主な使い道

文章生成AIの主な使い道

最後に、文章生成AIの主な使い道を3つ紹介します。

  • 見出しを書いてもらう
  • 競合調査をしてもらう
  • 記事を書いてもらう

それぞれについて詳しく解説します。

見出しを書いてもらう

記事のタイトルや見出しを書いてもらうといった使い道があります。

キーワードを指定していくつか例を出してもらうこともできるので、使うツールによってはかなりの時間短縮を行うことができます。

競合調査をしてもらう

競合調査に最適なツールもあります。
中でもBingやTranscopeなどです。

自身で行うとかなり時間がかかってしまう場合もありますが、AIを活用することで調査時間も短くできる場合があります。

ただし、存在しないサービスや企業の情報などが混ざってしまうことも多いので、検索したりなどの確認は必要です。

記事を書いてもらう

記事を書いてもらうこともできます。
上で記載したように、仮に記事が完成したとしても人の目でチェックを行い、手直しをする必要があります。

正しくAIツールを活用し、これからのブログの質の向上・効率化を行っていきましょう!

ホームページ制作ならRAM Inc.!
サイト制作・マーケティングならRAM Inc.!
無料見積り
サイト制作・マーケティングならRAM Inc.!
無料見積り