メディアサイトについて【制作する目的や主な構成についてまとめました】

PR(ステマ規制に対する対応)

RAM(ラム)では、ページ内に掲載している一部の情報にアフィリエイトリンクを使用している場合がございます。この収益は、当社のサービス向上などに活用されています。

メディアサイトとは、ブログのようなホームページのことです。

主に、特定のテーマや事業に関連する情報などに関して更新する形で運用されます。

メディアサイトの目的

メディアサイトの目的

メディアサイトは、主に次の目的を持って制作・運用されます。

  • 広告費を下げる
  • 売り上げを上げる
  • ブランディングに活用する
  • 自社サービスをアピールする

広告費を下げる

メディアサイトを正しく構築・運用することで、安定したアクセスを獲得でき、広告費を下げることができます。

また、広告費と違ってブログ記事などのコンテンツが資産になるというメリットがあります。

ブランディングに活用する

ターゲット(ペルソナ)を決めて適切に運用することでブランディングやファンの獲得を行い、売り上げアップにつなげることができます。

企業のイメージカラーに合わせて運用することで、統一感を表現することもできます。

自社サービスをアピールする

自社サービスに関する情報を盛り込むことで、アピールにつなげることもできます。

関連性の高い項目で自社サービスを紹介することで、より効果的にアピール・売り上げにつなげやすくなります。

\ ホームページ制作ならRAM Inc.! /

メディアサイトで使用されるページ

メディアサイトで使用されるページ

メディアサイトでは、主に次のようなページが制作されます。

  • トップページ
  • 商品・サービス情報
  • カテゴリーページ
  • 記事ページ
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • 特定商取引法に関する法律

トップページ

トップページでは、それぞれの記事コンテンツや紹介したいサービスなどのページについてリンクを掲載したり、情報を掲載していきます。

一般的には、こういった情報です。

  • 特に読んで欲しい記事コンテンツ
  • カテゴリーページ
  • 紹介したい商品やサービス

基本的には一番最初に見られ、そして一番多く見られるページになってきます。

商品・サービス情報

メディアサイトを通して販売したい商品や、自社で提供しているサービスなどの情報を掲載します。

集客後に購入を促す、いわゆるランディングページのような役目があると思うので、様々な情報を盛り込んで制作する必要があります。

具体的には、サービスの特徴や料金、他社との違いや購入できる場所などの情報です。

カテゴリーページ

カテゴリーやタグなど、関連する情報のトピックです。

RAMコラムというメディアの場合だと、Webサイト制作マーケティングなどのページがカテゴリーページに該当します。

WordPressなどのCMSを使用する場合には、基本的にこだわる必要はありません。

記事ページ

メディアサイトに入れるブログ記事やコラム記事などのことです。
この1記事1記事がとても重要になってきます。

SEO対策などのマーケティング手法も意識しながら、丁寧にコンテンツを制作していきましょう。

お問い合わせ

企業や個人からのお問い合わせ窓口に関する情報です。
一般的には、下記のうちのいずれか、または複数が用意されています。

  • メールアドレス
  • フォーム
  • 電話番号

メディアサイトの場合ではあまり重要ではないですが、トラブル防止の為にも設置しておくことをおすすめします。

プライバシーポリシー

お問い合わせフォームなどのお問い合わせ窓口を設置している場合には、個人情報の利用目的などを定めたプライバシーポリシーの情報が必須になります。

多くの種類の雛形が公開されているので、基本的にはこれらを活用して制作します。

特定商取引法に関する法律

アフィリエイトメディアを制作する場合にはこの「特定商取引法」に関する表記が不要ですが、自社のサービスなどをオンライン上で販売をする場合には、表記が必須になります。

検索すれば雛形が複数パターン出てきますので、そちらを参考に制作しましょう。

\ ホームページ制作ならRAM Inc.! /

メディアサイトのサイト構造について

メディアサイトのサイト構造について

上の項目で記載した情報を盛り込んで、メディアサイトを作っていきます。
主に次のような構造になっています。

複数ページで構成する場合

複数ページで構成する場合には、下記のような構成になります。
トップページから下記のような情報を下層ページとして制作していきます。

  • トップページ
    • カテゴリーページ
      • 記事ページ
    • お問い合わせ
    • プライバシーポリシー

多くのページで構成する場合

より多くのページ数で構成する場合には、次のような構成になります。
主に商品の販売を行い、オンライン上で売り上げアップを行いたい場合にこの様になることが多いです。

  • トップページ
    • カテゴリーページ
      • 記事ページ
    • 商品・サービス情報
      • 商品・サービスに関する詳しい情報
    • お問い合わせ
    • プライバシーポリシー
    • 特定商取引法に関する法律

\ ホームページ制作ならRAM Inc.! /

メディアサイトの事例

メディアサイトの事例

メディアサイトの事例では、次のようなものがあります。

制作を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。
また、その他の事例についてはこちらのサイトでもまとめられています。

» WAIWAI DESIGN|メディアサイト

\ ホームページ制作ならRAM Inc.! /

RAMのメディアサイト制作サービス

合同会社RAM(RAM Inc.)

弊社のメディアサイト制作では、主に次のような支援を実施します。

  • Webサイト設計
    (必要なページの洗い出し、導線設計等)
  • Webサイトデザイン
  • フォームの設置
  • コンテンツの制作支援・制作代行
  • 納品後の運用保守
  • その他施策を提案・代行

サイトの規模や目的、実施期間などによっても必要な施策が大きく変わってくるので、料金は都度見積もりとしています。

また、必要に応じてSEO対策広告運用代行などといったサービスと併用することも可能です。

お見積りは無料で行っておりますので、まずはお客様にご相談ください!

\ ホームページ制作ならRAM Inc.! /

メディアサイトについて、よくある質問

メディアサイトについて、よくある質問

メディアサイトにおいて、よく出てくる質問をまとめました。

メディアサイトを作る目的は何ですか?

主に次のような目的で制作されています。
・集客に活用する
・売り上げを伸ばす
・指名検索を有効活用する
・サービスについて説明する

メディアサイトは集客に活用できますか?

SEO対策などのマーケティングを正しく実施することで、集客に活用することも可能です。

メディアサイトを作る際の費用はどのぐらいですか?

規模や目的、依頼する相手、契約期間などによっても変わってきます。
基本的には10〜50万円程度、高額な場合だと数百万円程度で制作を行う場合が多いです。
記事の制作なども依頼する場合、これらとは別にキーワード選定費用や執筆費用が加算されます。

ホームページ制作ならRAM Inc.!
サイト制作・マーケティングならRAM Inc.!
無料見積り
サイト制作・マーケティングならRAM Inc.!
無料見積り