コンテンツ制作について【実施する目的や主な手法についてまとめました】

コンテンツ制作について【実施する目的や主な手法についてまとめました】
PR(ステマ規制に対する対応)

RAM(ラム)では、ページ内に掲載している一部の情報にアフィリエイトリンクを使用している場合がございます。この収益は、当社のサービス向上などに活用されています。

コンテンツ制作とは、ブログ記事などの制作のことです。

主に、オウンドメディアの構築や記事入稿、ダウンロード資料の制作、動画制作などといった施策があります。

コンテンツ制作の目的

コンテンツ制作の目的

コンテンツ制作は、主に次の目的を持って実施されます。

  • 知名度を上げる
  • ファンを獲得する
  • 被リンクを獲得する
  • 検索エンジンから集客する

知名度を上げる

ターゲット層を明確にし適切なコンテンツを制作することで、知名度を上げられる可能性があります。

具体的には、役に立つコンテンツやニーズのあるコンテンツ、特徴をわかりやすくまとめたコンテンツを制作することをおすすめします。

ファンを獲得する

コンテンツの内容やターゲットによっては、ファンの獲得に繋げられる場合があります。

特にTwitterやInstagram、最近ではTikTokなどのSNSを運用する場合にファンを作りやすいです。

被リンクを獲得する

こちらに関しても役に立つコンテンツやニーズのあるコンテンツ、特徴をわかりやすくまとめたコンテンツを制作することができれば、同業の方のメディアなどに取り上げられて被リンクを獲得できる場合があります。

それによって自社のSEO対策につなげられたり、リンクを通してホームページへのアクセスを獲得できる可能セウがあります。

検索エンジンから集客する

良質なコンテンツを制作することで、インターネット検索を介してホームページへの集客につなげられる可能性があります。

ですが、検索エンジンの特性上良質なコンテンツだからといって、必ずしも集客につなげられるわけではありません。

\ WebマーケティングならRAM Inc.! /

コンテンツ制作のメリット

コンテンツ制作のメリット

コンテンツ制作については、次のようなメリットがあります。

  • ファンを作りやすい
  • 資産を作ることができる

ファンを作りやすい

広告を出稿する場合に比べ、ファンを作りやすいです。

コンテンツの質もそうですが、デザインにもこだわってコンテンツを制作していくことで、ファンの獲得につながりやすくなります。

資産を作ることができる

ブログ記事や被リンク、動画などといったコンテンツなどが資産として積み上がっていきます。

コンテンツを制作してみてなかなか成果が出ないと感じる場合には、別の形に変えて別の方法でアプローチを実施することもできます。

\ WebマーケティングならRAM Inc.! /

コンテンツ制作のデメリット

コンテンツ制作のデメリット

逆にコンテンツ制作については、次のようなメリットがあります。

  • 必ず成果がでるわけではない
  • 中長期的に運用する必要がある

必ず成果がでるわけではない

良質なコンテンツが作れた場合やファンの獲得につなげられたとしても、目標としていた成果が必ずしも得られるわけではありません。

具体的には、次のようになってしまう場合があります。

  • ブログで良質なコンテンツを作れた場合でも、アクセスをなかなか獲得できない
  • YouTubeでチャンネル登録者を獲得できたとしても、再生回数や採用につながらない
  • TikTokでバズったとしても、フォロワーの獲得につながらない

中長期的に運用する必要がある

基本的には、コンテンツを長期的に更新していかなければなかなか成果につなげることができません。

大手のメディアに取り上げられるなど、よほどのことがない限りは数ヶ月〜数年は効果を実感できない場合がほとんどです。

こういったコンテンツ制作のデメリットを知らない場合、このタイミングで「失敗している」と判断してしまい、撤退してしまう方も非常に多いです。

\ WebマーケティングならRAM Inc.! /

コンテンツ制作の主な手法

コンテンツ制作の主な手法

コンテンツ制作では、主に下記のような手法があります。

  • オウンドメディアの構築
  • SNSアカウントの運用
  • YouTubeなどでの動画制作

オウンドメディアの構築

ブログのようなオウンドメディアを構築し、記事を追加・更新していく手法になります。

Webマーケティングの中ではかなり王道的な手法になります。

SNSアカウントの運用

TwitterやInstagramなどのSNSで投稿していく手法になります。

飲食店等の場合には、いまでもFacebookを活用するケースも多いです。

YouTubeなどでの動画制作

動画を制作しYouTubeにアップロードするという手法もあります。

ブログなどの記事制作やダウンロード資料を制作する場合よりも、1コンテンツあたりの単価が高い場合が多いです。

ですが、動画の特徴としては章や画像に比べて多くの情報を伝えられるというメリットがあります。

\ WebマーケティングならRAM Inc.! /

コンテンツ制作の注意点

コンテンツ制作の注意点

コンテンツ制作では注意点もあり、特に意識すべき点がこの2つです。

  • 競合調査も徹底して行う
  • すぐに成果がでるわけではない

競合調査も徹底して行う

どれだけいいコンテンツを作れたとしても、業界によっては話題にならなかったり、成果につながりにくい場合があります。

そうならないために、競合調査を徹底して行う必要があります。

流行っている施策やトレンドの情報などをキャッチし、最適な方法でいいコンテンツを制作していきましょう。

すぐに成果がでるわけではない

デメリットの部分でも記載していますが、コンテンツ制作でもすぐに成果を実感できるわけではありません。

数ヶ月〜数年程度と、中長期的に実施し改善していく施策になっています。

短期間だけで成果を判断せず、長期的に伸ばすことを考えて運用していきましょう。

\ WebマーケティングならRAM Inc.! /

コンテンツ制作について、よくある質問

コンテンツ制作について、よくある質問

コンテンツ制作において、よく出てくる質問をまとめました。

コンテンツ制作を実施する目的は何ですか?

主に次のような目的で実施されています。
・知名度を上げる
・ファンを獲得する
・被リンクを獲得する
・検索エンジンから集客する

コンテンツ制作は集客に活用できますか?

良質なコンテンツを制作していくことで、集客につなげやすくなります。
ですが、短期間で成果を出すことは難しく、数ヶ月〜数年程度とかなり中長期的な視野を持って運用する必要があります。

コンテンツ制作を実施する際の費用はどのぐらいですか?

規模や目的、依頼する相手、契約期間などによっても変わってきます。
ブログ記事の場合だと、1記事あたり数万円〜数十万円で行う場合が多いです。

サイト制作・マーケティングならRAM Inc.!
無料見積り
サイト制作・マーケティングならRAM Inc.!
無料見積り