採用サイトについて【制作する目的や主な構成についてまとめました】

採用サイトについて【制作する目的や主な構成についてまとめました】
PR(ステマ規制に対する対応)

RAM(ラム)では、ページ内に掲載している一部の情報にアフィリエイトリンクを使用している場合がございます。この収益は、当社のサービス向上などに活用されています。

採用サイトとは、採用の為のホームページのことです。

主に、募集要項やその企業に関する情報、社員の声などが掲載されています。

採用サイトの目的

採用サイトの目的

採用サイトは、主に次の目的を持って制作・運用されます。

  • 採用活動を実施する
  • 信頼度を向上させる
  • 企業の知名度を上げる

採用活動を実施する

採用サイトなので、一番の目的がこの「採用活動」になります。

その為に会社や店舗の特徴をアピールしたり、ここで働きたいと思ってもらえるよう工夫する必要があります。

信頼度を向上させる

エンゲージやWantedlyなどの採用サービスだけではなく、自社のドメインを使ってサイトを用意しておくことで、信頼度の向上にもつながります。

自社のドメインを運営していることで、そうでない場合に比べて「実態のある会社」というちょっとした安心感を与えることができます。

企業の知名度を上げる

採用サイトを丁寧に作り、企業に関する情報などをわかりやすく記載しておくことで、知名度の向上につながりやすくなります。

外部のサービスの場合だとページ数や記載できる内容に制限がありますが、自社のサイトであればそういった制限を氣にせずに情報を掲載することが可能です。

\ ホームページ制作ならRAM Inc.! /

採用サイトで使用されるページ

採用サイトで使用されるページ

採用サイトでは、主に次のようなページが制作されます。

  • トップページ
  • メンバー情報
  • 企業概要
  • 代表あいさつ
  • MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)
  • ブログ(お知らせ・コラム)
  • 先輩社員の声
  • お問い合わせ
  • 募集要項
  • エントリーページ
  • プライバシーポリシー

トップページ

トップページでは、特にアピールしたい情報を掲載します。
一般的には、こういった情報や下記に該当するようなページへのリンクを掲載します。

  • 企業概要ページへのリンク
  • 募集要項ページへのリンク
  • エントリーページへのリンク

採用サイトの場合には、トップページからエントリーまでがスムーズにできるようリンクを掲載する必要があります。

メンバー情報

会社のメンバーの情報を記載します。

基本的には代表者や役員、場合によっては社員の情報なども掲載している場合があります。

ただし、このページを充実させるよりは下記の「先輩社員の声」で多くの情報を盛り込んで制作することをおすすめします。

企業概要

会社や店舗の大まかな情報を掲載します。
具体的には、こういった情報です。

  • 会社名
  • 代表者
  • 本社・支社、本店・支店の所在地
  • 従業員数
  • 営業時間
  • 主要取引先
  • 取引銀行
  • 保持している資格や提出している届け出
  • 資本金
  • お問い合わせ先(メール、電話番号、フォームなど)

すべてを記載する必要は有りませんが、「会社名、代表者、連絡先」については記載していた方がいいのかもしれません。

代表あいさつ

会社や店舗などの代表者からのメッセージになります。

採用面接では「御社の理念に惹かれて応募しました」という方も一定数いるかと思うので、会社として意識していることや応募者に対して伝えたい事がある場合には、制作することをおすすめします。

MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)

MVVとは、ミッション・ビジョン・バリューのことで、企業概要とはまた違った形で「会社のイメージ」を伝えることができます。

  • ミッション(Mission):使命
  • ビジョン(Vision):理念
  • バリュー(Value):行動指針

この他にもパーパス(Purpose)や企業理念(Philosophy)などといった言葉で定めている企業もあります。

ブログ(お知らせ・コラム)

採用サイトにおけるブログでは、主に募集状況などといった選考状況に関する情報を告知します。

常時採用しているわけではない場合には、このブログを設置して応募状況を掲載することをおすすめします。

先輩社員の声

採用サイトの場合、先輩社員の声はかなり見られるページになってきます。

会社を選ぶ際、事業内容や給与、福利個性なども確認しますが「実際に働いている方の声」も確認する方が多い項目です。

可能であればインタビュー動画なども活用して制作することをおすすめします。

お問い合わせ

あまり重要ではないかと思いますが、このお問い合わせ窓口も設置しておくことをおすすめします。
一般的には、下記のうちのいずれか、または複数が用意されています。

  • メールアドレス
  • フォーム
  • 電話番号

最低でもメールかフォームのいずれかを設置しておくことをおすすめします。

プライバシーポリシー

お問い合わせフォームなどのお問い合わせ窓口を設置している場合には、プライバシーポリシーもセットで掲載する必要があります

雛形を参考に制作すればあまり時間もかからないので、自社に合った雛形を探してみましょう。

募集要項

募集要項では、採用したい人物像に関する情報や、事前に伝えておきたいことを掲載します。

主にこういった情報を掲載します。

  • 募集職種
  • 採用人数
  • 選考形式
  • 給与情報
  • 福利厚生
  • 勤務時間
  • 勤務地(移動があるかなど)
  • 休日休暇
  • 平均残業時間
  • 応募資格、必須資格、必須スキル、歓迎条件などに関する情報
  • 平均年齢

エントリーページ

実際の応募画面のことです。

基本的にはデザインにこだわる必要はないですが、インパクトを与えたい場合にはアニメーションなどにもこだわって制作することをおすすめします。

入力フォームも多ければ多いほど応募者の人柄を判断しやすいですが、その分入力する方の負担になってしまうので、不要な項目はしっかり削って制作する必要があります。

\ ホームページ制作ならRAM Inc.! /

採用サイトのサイト構造について

採用サイトのサイト構造について

上の項目で記載した情報を盛り込んで、採用サイトを作っていきます。
主に次のような構造になっています。

1ページにまとめる場合

下記の情報をすべて1ページ内でまとめて制作します。
基本的には、予算をとにかく抑えたい場合に下記のような構成になります。

  • 企業概要
  • 募集要項
  • エントリーページ
  • プライバシーポリシー

複数ページで構成する場合

複数ページで構成する場合には、下記のような構成になります。
トップページから下記のような情報を下層ページとして制作していきます。

  • トップページ
    • メンバー情報
    • 企業概要
    • 代表あいさつ
    • MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)
    • 先輩社員の声
    • プライバシーポリシー
    • 募集要項
    • エントリーページ

多くのページで構成する場合

より多くのページ数で構成する場合には、次のような構成になります。

  • トップページ
    • トップページ
    • メンバー情報
    • 企業概要
    • 代表あいさつ
    • MVV(ミッション・ビジョン・バリュー)
    • ブログ(お知らせ・コラム)
    • 先輩社員の声
      • 先輩社員の声を複数ページ
    • お問い合わせ
    • プライバシーポリシー
    • 募集要項
    • エントリーページ

\ ホームページ制作ならRAM Inc.! /

採用サイトの事例

採用サイトの事例

採用サイトの事例では、次のようなものがあります。

制作を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。
また、その他の事例についてはこちらのサイトでもまとめられています。

» WAIWAI DESIGN|採用サイト

\ ホームページ制作ならRAM Inc.! /

RAMのサイトリニューアルサービス

合同会社RAM(RAM Inc.)

弊社のサイトリニューアルでは、主に次のような支援を実施します。

  • Webサイト設計
    (必要なページの洗い出し、導線設計等)
  • Webサイトデザイン
  • フォームの設置
  • コンテンツの制作支援・制作代行
  • 納品後の運用保守
  • その他施策を提案・代行

サイトの規模や目的、実施期間などによっても必要な施策が大きく変わってくるので、料金は都度見積もりとしています。

また、必要に応じてSEO対策MEO対策広告運用代行などといったサービスと併用することも可能です。

お見積りは無料で行っておりますので、まずはお客様にご相談ください!

\ ホームページ制作ならRAM Inc.! /

採用サイトについて、よくある質問

採用サイトについて、よくある質問

採用サイトにおいて、よく出てくる質問をまとめました。

採用サイトを作る目的は何ですか?

主に次のような目的で制作されています。
・採用活動を実施する
・信頼度を向上させる
・企業の知名度を上げる

採用サイトは集客に活用できますか?

SEO対策などのマーケティングを正しく実施することで、集客に活用することも可能です。
ですが、ターゲット層や目的も違う点から、他のコーポレートサイトやメディアサイト、店舗サイトに比べると集客に活用することはあまりおすすめできません。

採用サイトを作る際の費用はどのぐらいですか?

規模や目的、依頼する相手、契約期間などによっても変わってきます。
中小企業や個人事業主だと10〜50万円程度、大企業だと数百万円程度で制作を行う場合が多いです。

ホームページ制作ならRAM Inc.!
サイト制作・マーケティングならRAM Inc.!
無料見積り
サイト制作・マーケティングならRAM Inc.!
無料見積り